1. >
  2. いざというときにたよりになるカードローン

エントリー一覧

いざというときにたよりになるカードローン

以前に急にまとまったお金が必要になったことがありました。しかし、社会人たるもの友人や知人であってもお金の貸し借りはいけないと思っていました。たとえ返せるあてがあっても、この人はお金にだらしない人、と一度でも思われてしまったらそのイメージはなかなか取れないからです。それにお金は人間関係を崩してしまうもとなので、私はカードローンを利用することにしました。審査も早くて利息もそれほど高いとは感じませんでした。誰にも迷惑をかけずに、そのとき必要な金額を借りることができてほっとしました。それから毎月無理なくしっかりと返済をしていきました。しっかり返済能力があればいざというときにとっても便利なサービスだと思いました。

カードローンについての話

カードローンは今現在某金融機関のものを利用中です。

わたしが使っているカードローンは毎月返済型というシステムになっていて、決まった日にちに決まった金額が返済用口座から自動的に引かれ、返済されます。

ただやはり金利が14パーセントと高いので、利息が高く毎月コツコツ返済してもなかなか完済するには時間がかかります。

カードローンを持つメリットとしては、「急な出費に対応できる」という事がありますが、やはり一度借りてしまうと、なかなか完済が難しくなるので本当に緊急な場合に使うのが良いと思います。

借りることに抵抗がある。

私は今までカードローンをしたことがありません。

もともとお金を借りると言うのに抵抗があるので借りないと言うのもあります。借りると利息が高くなり借りた分よりももちろん多く返すことになるかと思います。その無駄が嫌いです。また借りる癖がついてしまうと、どんどん借りて自己破産をしそうなのも借りない理由の一つです。よくテレビでお金を借り返せずブラックリストに載ったなどやってるのを見る中々踏み出せないかなと思います。

メニュー